ウイスキー

【コンビニでも買える】美味しいハイボールを飲むならこれ

  1. HOME >
  2. ウイスキー >

【コンビニでも買える】美味しいハイボールを飲むならこれ

ウイスキー知多の写真

知多 / THE CHITA

種類 シングルグレーンウイスキー

度数 43%

地域 愛知県知多市

メーカー サントリー

味わい

バニラの甘い香りがやさしく香ります。

香り自体は強くなく樽由来のチョコの香りもありました。

そもそも主張の弱めな種類であるため

ガツンと来るようなインパクトはないものの上品な味わいを感じられます。

ハイボール=ソーダ割りにした時の味わいのバランスが良く

ついつい杯が進む、そんな印象です。

ストレートやロックで飲んでもおいしいのですが、

やはりハイボールにしてソーダで割った時のバランスが心地よく

味わいも一番引き立っているのではないかと感じました。


サントリー知多蒸溜所

1972年にサングレインとして設立され、翌年には蒸溜を開始し、

主にブレンド用のグレーンウイスキーを製造。

2015年に「グレーンウイスキー知多」が発売。

さらなるハイボール市場への盛り上がりへ一石を投じました。

ハイボール用に作られたとも言えそうな程、ソーダ割りとの相性が良く

ストレートやロックで飲んでも楽しめ、和食にも合わせられる

国内では万能型とも言えるウイスキーです。

「風香るハイボール」のキャッチコピーで見かけることも増えました。



そんな「知多」のおいしさの秘密は複雑さかもしれません。

グレーンウイスキーはサイレントスピリッツと言われ、

主張が強くないことから、他の原酒を引き立てる所が一つの魅力となっています。

そのようなグレーンウイスキーを知多蒸溜所では

ヘビー、ミディアム、クリーンという3つの原酒を作り分けています。

さらにその原酒を多様な樽で熟成させ、ブレンドすることで

グレーンウイスキーでは生み出しにくい複雑さを作り上げています。

本来主役ではないウイスキーにスポットライトをあて、

価値を造り出して製品化させたのはサントリーの技術と知識の集大成と言えるかもしれません。

ただ、工場は一般公開されていないのが残念です。



グレーンウイスキーとは

トウモロコシをはじめとした穀物を原料に蒸溜され、造られたウイスキーのこと。

トウモロコシ以外にも大麦や小麦など「モルトウイスキー」の原料である大麦麦芽も使用し、

穀類を組み合わせて造られています。

アメリカのバーボンウイスキーの場合51%以上使用することが義務付けられており、

ライ麦やその他穀類を組み合わせて生産されています。

グレーンウイスキーは連続式蒸溜機で造られ、

生産効率が高く大量生産される反面、香味が少なく個性が出にくいと言われております。

その特徴から「サイレントウイスキー」と呼ばれ、

モルトウイスキーとブレンドするブレンデッドウイスキーの原酒として

使用されることがほとんどです。



その中で発売された「知多」は個性が乏しいと言われるグレーンウイスキーを

原酒のバリエーションを増やし、

グレーン同士をブレンドすることで複雑な味わいを生んだ画期的な商品だと言えます。

ウイスキーを研究し尽くし

グレーン原酒の作り分けをできるサントリーグループゆえの商品とも言えるでしょう。

手軽においしいハイボールなら「知多」一択といっても過言ではないかもしれません。

下表はモルト、グレーンの対照表です。ご参照下さい。

蒸溜方法 香味成分 呼称
モルトウイスキー 単式蒸溜 豊富 ラウドスピリッツ
グレーンウイスキー 連続式蒸溜 少ない サイレントスピリッツ



簡単!おいしいハイボールの作り方

コロナの影響で家飲みが多くなり

自宅でハイボールを作られる方も多くいらっしゃるかと思います。

今回は簡単にできる、おすすめの作り方をご紹介します。

おすすめハイボールの作り方
①氷を入れたグラスにウイスキーを注ぐ
②マドラーなどで氷とウイスキーを馴染ませる

ココがポイント

この時16~20回程度回すと氷とウイスキーが馴染み、

ほぼ同じ温度になると言われております。

③氷を避けてソーダを注ぐ

ココがポイント

ウイスキー:ソーダの比率は1:2がおすすめ

④やさしく1回混ぜる

全体で特に重要なところは②です。他でソーダ割をする時も私はいつも行います。

この工程を加えるだけで本当に馴染みが良くなり、すいすい飲めます。

良ければぜひ一度お試し下さい。



参照用HP

メーカーHPはこちら→ https://www.suntory.co.jp/whisky/chita/

 

送料無料 サントリー ウイスキー 知多 43度 700ml 国産ウイスキー北海道 300円 中国・四国 100円 九州 300円 沖縄 500円

最新記事一覧

ラフロイグ10年を使ったカクテル

ウイスキー コラム

2022/1/12

【アイラモルト№1】ラフロイグ特集

今回はスコッチウイスキーのラフロイグ特集です。   スコットランドのインナーヘブリティー諸島に位置するアイラ島。   そんなアイラ島の南側にラフロイグ蒸溜所はあります。   ラフロイグはゲール語で「広い入り江の美しい窪地」の意味。   シングルモルトウイスキーでは初のイギリスのロイヤルワラント(王室御用達)   アイラ島 シングルモルト販売数としては不動の1位であり、生産量ではカリラに次いで2位。   好きか嫌いか   こんなコピーが話 ...

ReadMore

乾杯 cheers

コラム ビール

2022/1/8

【ビール入門】本当においしいフルーツビール3選

今回はフルーツビール特集です。   クラフトビールが盛り上がりをみせ、   スーパーでもたくさんビールが並んでいるのを見かけるようになりました。   苦味を売りにしたIPA、軽やかに飲めるエール、飲みごたえを求めてスタウトなど…   そんな中で   フルーツビールはその名の通り   ビールにフルーツの果汁を加えたもので、苦味を和らげてフルーティな味わいのビールです。   ビール入門にまた苦味が得意でない方におすすめできるものです。 &n ...

ReadMore

johnnie walker グラスの写真

ウイスキー コラム

2022/1/7

【世界№1スコッチウイスキー】ジョニーウォーカーのすべて

ジョニーウォーカー(Jonnie Walker)は   世界一売れているスコッチのブレンデッドウイスキー   シリーズ総計の世界シェアは約20%。   四角いビンは船で運ぶ際、箱にスキマが生まれて割れないように   そして   ラベルは24度に傾け、世界のどこにおいても見つけられるように   その精神は引き継がれ、今も同じ仕様で販売されています。   そのキャラクター   ストライディングマンを一度は見たことがあるのではないで ...

ReadMore

スコッチのロック アウトドア

ウイスキー コラム

2021/12/26

【厳選】注目のキーモルト3選(スコッチブレンデッドウイスキー版)

  今回はスコッチ ブレンデッドウイスキーのキーモルトをご紹介します。   キーモルトはその名の通り   ブレンデッドウイスキーを形作る上で核となる味わいのウイスキーです。   多いものでは50種類程度ブレンドされているものもあります。   今回は主要三ブランドのキーモルトをご案内します。 目次1 ブレンデッドウイスキーとは2 ジョニーウォーカー3 デュワーズ4 オールドパー5 まとめ ブレンデッドウイスキーとは 穀類の原料を大麦麦芽のみで作るシングルモル ...

ReadMore

shinonボトルとグラスの写真

ワイン

2021/12/5

【限定品】特別な日に飲みたいプレミアム赤ワイン

深穏 shinon 2017 Kenzo estate 種類 赤ワイン 度数 15.2% 地域 アメリカ カリフォルニア州 ナパ メーカー ケンゾー エステイト 特記事項 品種 カベルネ・ソーヴィニョン90% 目次1 ケンゾー エステイトについて2 ワイン産地 ナパヴァレー3 味わい4 参照用HP ケンゾー エステイトについて ケンゾーエステート 深穏 しのん shinon 2017年 正規品 辛口 赤 ワイン 750ml【ケンゾーエステート】深穏 しのん shinon 2017 カプコン創業者である辻本 ...

ReadMore

熟成庫

ウイスキー コラム

2021/12/26

【初公開】美味しい「カスクストレングス」バーボン3選

今回は美味しい「カスクストレングス」バーボンウイスキー3選です。 品薄になっているものも含まれており、本当は教えたくないラインナップです。 ウイスキーに興味を持ち、どんどん飲み進めていくと出会う「カスクストレングス」。 その魅力に取りつかれてしまうと、スタンダード品へ戻れません。 そう言っても過言ではない、カスクストレングスをぜひ味わって頂きたいと思い、 断腸の思いでご紹介します。 カスクストレングスで美味しかったものに「バーボン」が多かったので 今回はバーボンに限定しています。 目次1 カスクストレング ...

ReadMore

ウイスキーストレートの写真

ウイスキー コラム

2021/10/3

【価格高騰中】飲むべき高級スコッチウイスキー3選

絶賛価格高騰中の飲むべき「高級スコッチウイスキー」3選です。 粒ぞろいのラインナップでお届けします。 自粛期間でなければ予算面を考え、バーでお試しすることをおすすめします。 手元に置いても 恥ずかしくない、むしろ個人的にもうらやましいです。 目次1 スコッチウイスキーとは2 ①マッカラン18年3 ②ロイヤルハウスホールド4 ③ラフロイグ18年5 まとめ スコッチウイスキーとは スコットランドで生産、熟成、瓶詰めされたウイスキーがスコッチと名乗れます。 シェリー酒と同様に樽に入れた状態での出荷は認められてい ...

ReadMore

-ウイスキー

English EN 日本語 JA

© 2022 おいしいお酒のブログ Powered by AFFINGER5