ウイスキー コラム

【初心者必見】スコッチウイスキー最強のアイラモルト3選

  1. HOME >
  2. ウイスキー >

【初心者必見】スコッチウイスキー最強のアイラモルト3選

ラガブーリン蒸溜所外観写真

今回は初心者・入門者の方向け、スコッチのアイラモルトウイスキーです。

スモーキーなウイスキーの魅力に気付いてしまった方、

アイラモルトを飲んでみたい方、

でも、どれを飲めばいいかわからない。

そんな疑問にお答えし、アイラモルトの三強を紹介します。

 

シングルモルトウイスキーとは

水、酵母、大麦麦芽のみを原料に単一の蒸溜所で造られたウイスキーのことです。

大麦麦芽(モルト)のみを使っていることからシングルモルトウイスキーと定義されています。

モルトの写真

ウイスキーには他に「グレーンウイスキー」、「ブレンデッドウイスキー」があります。

「グレーンウイスキー」とは原料にトウモロコシをはじめとした穀類を組み合わせて造られたもので、

トウモロコシ原料の写真

「ブレンデッドウイスキー」は

「シングルモルトウイスキー」と「グレーンウイスキー」をバランス良くブレンドしたウイスキーです。

今回紹介するのはすべて「シングルモルトウイスキー」です。

 

アイラ島(islay)とは

スコットランドの島の一つで、「スコッチの聖地」とも呼ばれています。

人口は約3,400人、面積は約620k㎡。淡路島(約595k㎡)、東京都23区(約627k㎡)と同等の大きさです。

アイラ島で造られるウイスキーが、群を抜いてスモーキーになる理由は主に以下2点です。

  1. 原料に使う水がスモーキー
  2. 泥炭土が豊富で大麦を乾燥させる際に使用

2は他エリアの蒸溜所でも実施されていますが、

1の要因が大きく影響しており、アイラモルトに匹敵するスモーキーさは

他のエリアでは生産することができません。

まさにその土地の特性を活かしたウイスキー造りが行われています。

アイラ島の写真

①ラガヴーリン16年

ウイスキー ラガヴーリン 16年 箱付 700ml (70106☆) 洋酒 Whisky(34-4)

概要:

アイラ島の南側にある蒸溜所で1816年に創業され、

ブレンデッドウイスキー「ホワイトホース」のメインウイスキーでした。

アイラモルトでおすすめを聞かれる真っ先にラガヴーリンを勧めます。

飲みごたえもあり、アイラのスモーキーな特徴もありながらコク、深みのある味わいが何とも言えません。

シェリー樽を思わせる風味を感じるため、

ラガヴーリンでシェリー樽使用可否の論争はとどまることがありません。

セミナーや海外サイト等独自に情報を仕入れている方によると

使っていない可能性が高いとのことでしたが、本当のところどうなのでしょうか。

味わい:

スモーキー、ドライフルーツの香り。16年と熟成年数が長いので深みがあり、芳醇な味わい。

飲み口は重めでカリラとは対照的です。

飲み方:

ストレート、ロック、ハイボールすべておすすめ。

価格を考えるとハイボールがもったいない気がしますが、「贅沢ハイボール」は絶品です。

ストレートで飲み始めて、途中で氷を入れてロックにするのがおすすめで、二杯目は贅沢ハイボール。



②キルホーマン マキヤーベイ

ウイスキー キルホーマン マキヤーベイ 700ml (79548) 洋酒 Whisky(77-5)

概要:

2005年に124年ぶりにアイラ島に新設された蒸溜所です。

当初より注目されていましたが、その注目を超える商品を発売しそのファンを増やし続けています。

2019年には設備を増強し生産能力を向上させています。

またシェリー樽系、超熟商品などラインナップを増やし、

以前より目標にしていた「アイラ100%」の商品の発売にも至っています。

アイラ100%は原料の大麦の生産から瓶詰めまですべてアイラ島で行い、アイラ島のものだけで造られたウイスキーです。

今後も目が離せない蒸溜所の一つです。

味わい:

スモーキーでピーティ、焚火のような香りの中にも柑橘を思わせるフレッシュな香りもあり。

麦芽の燻製度合いがかなり高いのですが、樽由来のバニラの味わいも感じられ、後味が長く心地よい。

飲み方: 

ストレートがおすすめ。数口飲んだ後に水を一滴垂らすと、味わいや香りが開きます。

キルホーマンの場合は劇的に味や香りが変わるので、その変化も楽しんで欲しいです。



③カリラ12年

ウイスキー カリラ(カオルアイラ) 12年 700ml (77550) 洋酒 Whisky(32-3)

概要:

アイラ島の北側にある蒸溜所で1846年に創業し、現在の年間生産量はアイラ島最大。

シングルモルトとして販売される量は少なく、

そのほとんどが「ジョニーウォーカー」をはじめとした「ディアジオ社」のブレンド用に生産されています。

シングルモルトで販売されているものはラガブーリンと同じ燻製レベルの麦芽を使用しており、

発酵方法やポットスチルの形状などの製造工程、水、熟成年数で味わいに違いが出ることがよくわかる例です。

飲み比べてみるとかなり興味深いです。余裕のある方はぜひチャレンジしてみてください。

味わい:

スモーキー、土っぽさ、焚火のような香りや、奥にはフルーツや蜂蜜を思わせるものもあります。

ライトボディで飲み口は軽く、アイラモルトの中では親しみやすい傾向にあります。

飲み方:

ハイボール、ロックがおすすめ。

ハイボールはスモーキーな香りがアクセントになり、ソーダとの相性抜群です。



まとめ

ラフロイグの有名なキャッチコピーに「好きか嫌いか」というものがありました。

ラフロイグだけでなくアイラモルトは好き嫌いがはっきりわかれ、

中間の人がいないことからこのキャッチコピーは広く語り継がれています。

ビールと同じように始めは受け付けなかったとしても

飲み慣れることで、しまいにそれを求めてしまうことになるかもしれません。

アイラモルトに限りませんが、

初めて飲む方には間口を広げてもらいたいと考え、

今回はアイラモルトを厳選しました。どれを選んでも自信を持っておすすめできます。

それではお楽しみください。



最新記事一覧

ロックンロール クラフトビア マーシャルをグラスに入れてグラスと一緒に写した写真

ビール

2022/5/6

【ギタリスト向けギフト】ロックンロール クラフトビア マーシャル

<マーシャル公式ビール!> マーシャル アンプトアップ ラガー ビール 3本入り 4.6% 330ml 専用ボックス入り 限定品   <マーシャル公式ビール!> マーシャル アンプトアップ ラガー ビール 8本入り 4.6% 330ml 専用ボックス入り 限定品 <マーシャル公式ビール!> マーシャル アンプトアップ ラガー ビール 16本入り 4.6% 330ml 専用ボックス入り 限定品 ロックンロール クラフトビア マーシャル ビアスタイル:ラガー アルコール度:4.6% 生産国:イギリス ...

ReadMore

裏通りのドンダバダ グラスに注いだ写真

ビール

2022/5/4

【新発売】裏通りのドンダバダ / ヤッホーブルーイング

種類 エールビール 度数 6.0% 地域 日本 メーカー ヤッホーブルーイング 裏通りのドンダバダ 5缶 コメント よなよなエールを手掛けるヤッホーブルーイングより定番商品として新商品が発売されました。 その名も裏通りのドンダバダ! これはビールなのですが、 樽熟成のシャルドネ白ワインをイメージして作られたもの。 シャルドネは白ブドウでフランスをはじめ多くの国々で生産されているブドウ品種ですが、 樽熟成させることで甘味や柔らかさ、 角の取れた酸味などの特徴があります。 味わいの質感や滑らかな舌触りはなんと ...

ReadMore

ballantines bottle

ウイスキー コラム

2022/4/25

特集【キーモルト Part2】スコッチウイスキー編

今回は スコッチブレンデッドウイスキーのキーモルト Part2をご紹介します。   Part1では紹介しきれなかった至極のブレンデッドウイスキー。   そのキーモルトに迫ります!!     目次1 バランタイン2 シーバスリーガル3 ハイランドクイーン4 まとめ バランタイン スキャパ 【包装不可】 スキャパ スキレン 40度 箱付 700ml 正規 shibazaki_SCP ミルトンダフ バランタイン ミルトンダフ 15年 700ml 40度 箱入 シングルモル ...

ReadMore

ラフロイグ10年を使ったカクテル

ウイスキー コラム

2022/4/25

【アイラモルト№1】ラフロイグ特集

今回はスコッチウイスキーのラフロイグ特集です。   スコットランドのインナーヘブリティー諸島に位置するアイラ島。   そんなアイラ島の南側にラフロイグ蒸溜所はあります。   ラフロイグはゲール語で「広い入り江の美しい窪地」の意味。   シングルモルトウイスキーでは初のイギリスのロイヤルワラント(王室御用達)   アイラ島 シングルモルト販売数としては不動の1位であり、生産量ではカリラに次いで2位。   好きか嫌いか   こんなコピーが話 ...

ReadMore

乾杯 cheers

コラム ビール

2022/1/8

【ビール入門】本当においしいフルーツビール3選

今回はフルーツビール特集です。   クラフトビールが盛り上がりをみせ、   スーパーでもたくさんビールが並んでいるのを見かけるようになりました。   苦味を売りにしたIPA、軽やかに飲めるエール、飲みごたえを求めてスタウトなど…   そんな中で   フルーツビールはその名の通り   ビールにフルーツの果汁を加えたもので、苦味を和らげてフルーティな味わいのビールです。   ビール入門にまた苦味が得意でない方におすすめできるものです。 &n ...

ReadMore

johnnie walker グラスの写真

ウイスキー コラム

2022/4/17

【世界№1スコッチウイスキー】ジョニーウォーカーのすべて

ジョニーウォーカー(Jonnie Walker)は   世界一売れているスコッチのブレンデッドウイスキー   シリーズ総計の世界シェアは約20%。   四角いビンは船で運ぶ際、箱にスキマが生まれて割れないように   そして   ラベルは24度に傾け、世界のどこにおいても見つけられるように   その精神は引き継がれ、今も同じ仕様で販売されています。   そのキャラクター   ストライディングマンを一度は見たことがあるのではないで ...

ReadMore

スコッチのロック アウトドア

ウイスキー コラム

2022/4/18

【厳選】注目のキーモルト3選(スコッチブレンデッドウイスキー版)

  今回はスコッチ ブレンデッドウイスキーのキーモルトをご紹介します。   キーモルトはその名の通り   ブレンデッドウイスキーを形作る上で核となる味わいのウイスキーです。   多いものでは50種類程度ブレンドされているものもあります。   今回は主要三ブランドのキーモルトをご案内します。 目次1 ブレンデッドウイスキーとは2 ジョニーウォーカー3 デュワーズ4 オールドパー5 まとめ ブレンデッドウイスキーとは 穀類の原料を大麦麦芽のみで作るシングルモル ...

ReadMore

-ウイスキー, コラム

English EN 日本語 JA

© 2022 おいしいお酒のブログ Powered by AFFINGER5