ウイスキー コラム

【アイラモルト№1】ラフロイグ特集

  1. HOME >
  2. ウイスキー >

【アイラモルト№1】ラフロイグ特集

ラフロイグ10年を使ったカクテル

今回はスコッチウイスキーのラフロイグ特集です。

 

スコットランドのインナーヘブリティー諸島に位置するアイラ島。

 

そんなアイラ島の南側にラフロイグ蒸溜所はあります。

 

ラフロイグはゲール語で「広い入り江の美しい窪地」の意味。

 

シングルモルトウイスキーでは初のイギリスのロイヤルワラント(王室御用達)

 

アイラ島 シングルモルト販売数としては不動の1位であり、生産量ではカリラに次いで2位。

 

好きか嫌いか

 

こんなコピーが話題となった

 

好みが分かれてしまうウイスキー

 

初めは抵抗を感じてもいずれクセになってしまうピート香。

 

お好みに合わせてラフロイグを選んでみてはいかがでしょうか。



 

製法の特徴

 

蒸留所内でのフロアモルティングが全体の15%、

 

残りの85%は近くにあるポートエレン製麦所(旧ポートエレン蒸溜所)より購入しています。

 

蒸溜時のカットは遅らせることでスモーキーさをより引き出しています。

 

その後アルコール度数67%になった留液を樽に入れ、熟成させます。

 

熟成のほとんどはファーストフィルバーボン樽を使用します。

 

ファーストフィルとはバーボンの熟成に一度使われたことを意味しています。

 

蒸溜所によっては樽の影響を考慮し

 

2ndフィル、3rdを標準で使用する蒸溜所もあります。

ラフロイグの熟成庫

 



歴史

 

ラフロイグ蒸溜所はジョンストン兄弟によって1815年に設立。

 

1887年にはハンター家が経営権を獲得。

 

以降数々のブレンデッドウイスキーに良質な原酒として供給されていました。

 

当時の経営者イアンハンターの病気により

 

実質的に蒸溜所運営を任されていたベッシー・ウイリアムソンが

 

1954年に経営を任されることとなる。

 

採用当時は秘書だったベッシ―・ウィリアムソン。

 

第二次世界大戦時には弾薬庫としても機能していた歴史を持つラフロイグ蒸留所。

 

戦時中も実質的にベッシ―・ウィリアムソンが切り盛りしており

 

従業員やストックウイスキーを守り切りました。

 

ファーストフィルバーボン樽での熟成を始め、

 

ラフロイグ中興の祖と呼ばれ、現在もその熟成法は受け継がれています。

 

1970年代にはアイラのシングルモルトとして発売。

 

1994年シングルモルトとしては初のロイヤルワラントを下賜。

 

今もアイラモルト不動の人気を誇るラフロイグ。

 



ラガヴーリンとの紛争

 

ラフロイグ蒸溜所の方針転換により

 

ピーター・マッキー率いるホワイトホース社にウイスキーの供給をやめました。

 

その出来事がきっかけで

 

訴訟を起こされ、※この訴訟はラフロイグの勝訴

 

ついには

 

ラフロイグから従業員を引き抜き、

 

ラガヴーリン蒸溜所内に新しくモルトミル蒸溜所を建設。

 

同製法、同蒸溜方法でウイスキーを造り、

 

ラフロイグを追い込もうとするも

 

同じウイスキーは作ることができませんでした。

 

モルトミル蒸溜所は次第に生産量を落としていき、

 

現在はビジターセンターとなっています。

 



現行ラインナップ

 

ラフロイグ セレクト 【普及品】

 

ラフロイグ10年 【スタンダード品】

 

ラフロイグ ロア 【限定品】

 

ラフロイグ クォーターカスク 【限定品】

 

 ラフロイグ 25年 【希少品】

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ラフロイグ蒸溜所を知ることでよりラフロイグを楽しめます。

 

ラフロイグの飲み比べも試したくなりますね。

 

バーも活用しながら楽しんで頂けたらと思います。

 



最新記事一覧

ラフロイグ10年を使ったカクテル

ウイスキー コラム

2022/1/12

【アイラモルト№1】ラフロイグ特集

今回はスコッチウイスキーのラフロイグ特集です。   スコットランドのインナーヘブリティー諸島に位置するアイラ島。   そんなアイラ島の南側にラフロイグ蒸溜所はあります。   ラフロイグはゲール語で「広い入り江の美しい窪地」の意味。   シングルモルトウイスキーでは初のイギリスのロイヤルワラント(王室御用達)   アイラ島 シングルモルト販売数としては不動の1位であり、生産量ではカリラに次いで2位。   好きか嫌いか   こんなコピーが話 ...

ReadMore

乾杯 cheers

コラム ビール

2022/1/8

【ビール入門】本当においしいフルーツビール3選

今回はフルーツビール特集です。   クラフトビールが盛り上がりをみせ、   スーパーでもたくさんビールが並んでいるのを見かけるようになりました。   苦味を売りにしたIPA、軽やかに飲めるエール、飲みごたえを求めてスタウトなど…   そんな中で   フルーツビールはその名の通り   ビールにフルーツの果汁を加えたもので、苦味を和らげてフルーティな味わいのビールです。   ビール入門にまた苦味が得意でない方におすすめできるものです。 &n ...

ReadMore

johnnie walker グラスの写真

ウイスキー コラム

2022/1/7

【世界№1スコッチウイスキー】ジョニーウォーカーのすべて

ジョニーウォーカー(Jonnie Walker)は   世界一売れているスコッチのブレンデッドウイスキー   シリーズ総計の世界シェアは約20%。   四角いビンは船で運ぶ際、箱にスキマが生まれて割れないように   そして   ラベルは24度に傾け、世界のどこにおいても見つけられるように   その精神は引き継がれ、今も同じ仕様で販売されています。   そのキャラクター   ストライディングマンを一度は見たことがあるのではないで ...

ReadMore

スコッチのロック アウトドア

ウイスキー コラム

2021/12/26

【厳選】注目のキーモルト3選(スコッチブレンデッドウイスキー版)

  今回はスコッチ ブレンデッドウイスキーのキーモルトをご紹介します。   キーモルトはその名の通り   ブレンデッドウイスキーを形作る上で核となる味わいのウイスキーです。   多いものでは50種類程度ブレンドされているものもあります。   今回は主要三ブランドのキーモルトをご案内します。 目次1 ブレンデッドウイスキーとは2 ジョニーウォーカー3 デュワーズ4 オールドパー5 まとめ ブレンデッドウイスキーとは 穀類の原料を大麦麦芽のみで作るシングルモル ...

ReadMore

shinonボトルとグラスの写真

ワイン

2021/12/5

【限定品】特別な日に飲みたいプレミアム赤ワイン

深穏 shinon 2017 Kenzo estate 種類 赤ワイン 度数 15.2% 地域 アメリカ カリフォルニア州 ナパ メーカー ケンゾー エステイト 特記事項 品種 カベルネ・ソーヴィニョン90% 目次1 ケンゾー エステイトについて2 ワイン産地 ナパヴァレー3 味わい4 参照用HP ケンゾー エステイトについて ケンゾーエステート 深穏 しのん shinon 2017年 正規品 辛口 赤 ワイン 750ml【ケンゾーエステート】深穏 しのん shinon 2017 カプコン創業者である辻本 ...

ReadMore

熟成庫

ウイスキー コラム

2021/12/26

【初公開】美味しい「カスクストレングス」バーボン3選

今回は美味しい「カスクストレングス」バーボンウイスキー3選です。 品薄になっているものも含まれており、本当は教えたくないラインナップです。 ウイスキーに興味を持ち、どんどん飲み進めていくと出会う「カスクストレングス」。 その魅力に取りつかれてしまうと、スタンダード品へ戻れません。 そう言っても過言ではない、カスクストレングスをぜひ味わって頂きたいと思い、 断腸の思いでご紹介します。 カスクストレングスで美味しかったものに「バーボン」が多かったので 今回はバーボンに限定しています。 目次1 カスクストレング ...

ReadMore

ウイスキーストレートの写真

ウイスキー コラム

2021/10/3

【価格高騰中】飲むべき高級スコッチウイスキー3選

絶賛価格高騰中の飲むべき「高級スコッチウイスキー」3選です。 粒ぞろいのラインナップでお届けします。 自粛期間でなければ予算面を考え、バーでお試しすることをおすすめします。 手元に置いても 恥ずかしくない、むしろ個人的にもうらやましいです。 目次1 スコッチウイスキーとは2 ①マッカラン18年3 ②ロイヤルハウスホールド4 ③ラフロイグ18年5 まとめ スコッチウイスキーとは スコットランドで生産、熟成、瓶詰めされたウイスキーがスコッチと名乗れます。 シェリー酒と同様に樽に入れた状態での出荷は認められてい ...

ReadMore

-ウイスキー, コラム

English EN 日本語 JA

© 2022 おいしいお酒のブログ Powered by AFFINGER5